店主への目安箱



カテゴリ:[ 趣味 ]


861件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[879] 秋の夜長 夜風に金木犀の香 シミジミ

投稿者: 名無しのシューター 投稿日:2021年 9月25日(土)21時12分22秒 pw126247044255.14.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

うらやましい! ヨッ!エンスー  病 膏肓だなぁ(褒め言葉です)
ボディ色は、黄色 ジアッラで統一されるのですか?
それとも 塗装を剥離されて 何台かは、オリジナル色にされるのですか?
楽しいだろうな。

私も プラモデルだが 32GTR タミヤの1/24モデルのグループA、N1各5台ずつ有りますが 各レース毎 ディテールを変えながら 作ろうとして 四半世紀。
まだ 一台も作れて無くて 箱絵を眺めて楽しむだけ。
倉庫の肥やし状態。


せめて 一台だけは、 色を反転させた 世の中に存在しないレースバージョンを作ろうと考えてますが、
こちとら GT3, 4でも ゲーマーでもないのに 逆回りのコースが好きなのでね。

同僚の車好きの息子さんが 入院した折 元気付ける為 ついポルシェ フェラーリの貴重なモデルをお見舞いがわりに持って行ったり
喜んで健康になってくれるのなら 死蔵するよりかはマシかなと。

それにしても やっと良い季節になりましたね。
老眼で若い時から 買いためていた古典の全集本も読むのがツライし まだまだ早い。
年甲斐なく 夜中 こっそりと家を抜け出し オープンカー、 バイクを走らせたり  露天風呂に入りに行ったり 身体が動く内に楽しまないと 若い時と精神年齢は、ビックリする程 変わらない。




[878] 4台いっぺんにってああた

投稿者: たーけどもの祭典@ルメイ 投稿日:2021年 9月21日(火)09時13分37秒 p467071-ipngn13001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

驚喜いや狂気・・・。

しらんで。

わし 全然関係あれへんからな。

最初っから 知らんかった事にしたる。

ちゅーかわしの忠告何処飛んでったんや。


まあちょっと前までなら
「お金の事なら心配せずに、私に任せなさい ガハハハハ」
という言葉を心の支えにして貰っても、
櫻會定例会予備費を担保に会員から会費を搾取し、
寄付をむしり取りまくり、横流し横領し放題も
会の定款により可能だったのですが・・・。
(なんせ秘密結社ですからな 何でもできますガハハハハ)

まあここだけの秘密の内緒ですが、予備費も会費も、
私の1/32のB17購入資金に横領するつもりなので
諦めて下さいな うしししし。

って誰があんなもん4台もいっぺんに買うたーけに
軍事援助なぞするものか たーけ。

それより私は以前買った1/47のB29のペーパーモデルを
どうしてくれようかと悩んでいて。
(1/48じゃないぞ 微妙に大きいチョト違う)

てなわけで今は、
「4台もどうするつもりなんじゃたーけ」の話より
「作ってまったら私の居場所がますます無くなるやんけたーけ」
の方が心配の
「うちに超空の要塞B29がやって来たルメイ」なのでした。



ってほんまに知らんからな。

誰か止めてやりなはれ。
(近所でっしゃろLMG2)



[877] スーパースターも、バリエーションがお好き?

投稿者: ゲルマン 投稿日:2021年 9月21日(火)00時32分20秒 softbank060074217039.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

ジャーン、買ってきましたよ、アシェットの「ミウラ」
創刊号を4冊、4台分ですゾ。以前の書き込みで、やれ
「P400」だの「SV」だのと、わざとらしく書いて
きましたが、実はあの頃から考えていたことが有ったり
しましてネ。

それぞれのタイプには、外見的にパッと見すぐにわかる
相違点があるので、どうせだったら「P400」「S」
「SV」に加え「SVR」(通称:JOTA)の4台を
ズラリと並べてやろうかなと。

厳密には「SVJ」(通称:にせイオタ)ってのがある
のですが、あれはマァ、オーダーメイドの記号みたいな
ものなので、流石にパスですね。なんせ資金にも限りが
あるもので。

マガジンの部分にも面白い記事が載っていて、ロック界
で高名なロッド・スチュワートは、実車でイオタ以外の
3台のコレクションを完成していたとのコト。さすがは
スーパースター、やることも桁違いですなぁ。こちとら
しがない庶民なので、ミニカーでも青息吐息というより
相当無理しないとって感じなんですけどね。

実車には一目でわかる違いがあるので、こちらも気合を
入れて、全部同じっていうのではなくて、それぞれ違う
部分を作ってみたいと思っていますが、なんといっても
老眼がねぇ。

それ以上に頭が痛いのが、4台揃える資金なのよ。マァ
いっぺんに全部ってワケじゃなく、少しずつってコトで
大丈夫だとは思うのですけどねェ。それもルメイさんの
「健闘を祈ります」=「お金の事なら心配せずに、私に
任せなさい」という言葉を心の支えに、信じていくしか
ありませんなぁ。

それにしても、ルメイさんの写真の「フェラーリ」凄い
ですねぇ。ああなると、もはやインテリアというよりも
家具じゃないですか。でもまだアレで一台分にも足りて
なかったりして。

今回の書き込み、本当は製作開始してからとも思ったの
ですが、ルメイさんのおっしゃる通りかなり書き込みが
少なめなので、ちょっと前倒しで書いてみました。この
続きは製作を開始してからってつもりなので、少し先に
なる予定です。その間は、ここ最近書き込みされてない
方々に、カキコお願いしますぞ。

ということで今回はここまで。ゆっくり揃えまーすって
コトで、バイバイキ~ン。



[876] なんか書き込みも少ないし

投稿者: @ルメイ 投稿日:2021年 9月18日(土)20時40分49秒 p467071-ipngn13001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

相変わらず世間は鬱々だし・・・。

そういやあこの前TVで、9・11の時モルガン・スタンレーの警備責任者が
「ハーレックの男たち」を歌いながら2,700人近くを救った話を放映してたが・・・。
(イア・ドランの戦いで彼はハル・ムーアの下にいたんだねえ 全然知らんかった)
https://mangafan.biz/archives/38186
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%BC
まあ訳はさんざだが、ある程度意味はわかるでしょう。
https://ja.wikinew.wiki/wiki/Men_of_Harlech

てなわけで景気づけに・・・。
(皆さんめげずに頑張りましょう)
https://www.youtube.com/watch?v=hZmrS_w6s7s
https://www.youtube.com/watch?v=nQrE8vOM0ss





[875] やー!! (ダチョウ倶楽部のつもり) 鳥肌 実中将は、元気かなあ

投稿者: 名無しのシューター 投稿日:2021年 9月10日(金)21時45分28秒 pw126255195233.9.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

黄色のミウラ 決められたんですね。

私も数年前のGTRニスモ 欲しかったけれど
老眼と熱意不足で諦めた経緯があり ぼてっとしたボディスタイル フォルムの美しさは、ミウラの足元にはるかに及びませんが 。
箱ツーリングカーの機能美。

ミウラは、ミケランジェロの彫刻の横に置いても 違和感無い 芸術品ですな。
イタ車は、曲線美が 官能的過ぎ 当時から擬人的過ぎて 綺麗だ。
そもそも 車  船は、ラテン語圏では、もちろん女性名詞だし。
Pシリーズとか TIPO33ストラダーレとか  特にエロいしね。

イオタは、テストドライバーのボブ ウォレスのカウンタック開発のテストベッドだったとか 新技術だった鋼板モノコックの剛性不足から
RR車の様にオーバーステアを起こしやすいとか 走らせると危なっかしいとか 未だに人気があるから まだまだそういったエピソードが出てくる。
ボブレフのレストアカーの見事な事。

完成したら ミウラと エブロのリトルホンダP25 赤色と土産物のエッフェル塔を パリの地図の上に一緒に置けば ジジババにしかわからない 立派な大人のジオラマの完成だ。
勝手に想像してすみません。

テレビで放映された 個人教授 は、中学一年の時。
あと深夜映画で観たことあり。
主人公の乗るモペットの色違い 水色が家にあり 子供の頃 よく乗って遊んでいたのもあって
主人公が最後に 雨の中モペットに乗りながら泣きながら走り去る演出が秀逸でフランシス レイの音楽が最高と話した事を憶えている。
今 考えると中坊の坊主頭の御地蔵様同士の会話 笑える。

コロナ接種の2回目で
私も39度の
熱が出て この2日程 やっと身体も動くようになり 少し安心と暑い中 射撃に行ったら
久しぶりで楽しかったなあ。

おやすみなさい。






[874] ち~ん♪ 

投稿者: @ルメイ 投稿日:2021年 9月 8日(水)08時39分15秒 p467071-ipngn13001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

あ~あ

また哀れな子羊いっちょ上がりっと。

ぼくし~らないっと。

って赤だったら買うんじゃなかったんかい!


まあ

ちょい昔の話だが、
赤羽駅(東京の方ね)のある本屋のレジ裏真正面の壁に
確か「フェラーリを作る」シリーズだったと思うが
個人発注の本が超山積みにされていた事があって、
その上にXX様と書かれた短冊じゃないや垂れ幕メモが垂れ下がっていて

レジに並んだ客は皆

「どんだけ積んであんだよ

 ってああこいつ途中で投げ出したな

 はいいけど、いいから引き取りだけはしろよ こいよ

 地震とかで崩れてきて店員の頭に当たったらどうすんだよ

 いやこの高さなら店員通り越してレジに並んだ客の顔面直撃だよ

 どうすんだよ そんときの始末

 いやこりゃ店側も頭にきてワザと皆の見える処に陳列してあんな

 実名付きで晒しもんだよ

 いやいいからXXさんよ 引き取りに来てやんな」

と思ったであろうてな事にはならないように。

とにかく健闘を祈りますですだよゲルマン殿。
(いや 気持ちはわかるよ ほんと
 暇と金があればわしだって)



ってP400ってエアラコブラの返品バージョンの話じゃないんかい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/P-39_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)



[873] イタリア人の仕事っぷり

投稿者: ゲルマン 投稿日:2021年 9月 7日(火)22時15分57秒 softbank126209006016.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

「ランボルギーニミウラ」が登場する映画といえばコレ
という内の一本『個人教授』ですね。かなり以前の事に
なるのですが、久しぶりに観たいなぁってレンタル店を
何軒もハシゴして探しましたが、遂に見つけられなかっ
た事を思い出しました。

子供の頃にはタイトルだけで興奮してしまって、期待に
色々なものを膨らませながら、TV放送をこっそり見た
記憶がありますなぁ。古い映画でもあるので、地上波で
放送される事ももうないと思いますので、せめてDVD
再販してくれないかなぁ。

ということで、ここからは遠い記憶を頼りに書いていく
ので、間違いがあってもお許しを。思春期真っ只中の、
モペットに跨った主人公の前を颯爽と走り抜ける、目を
奪われるほどに美しいクーペ。まるで追跡するかように
後を追う青年は、運転する男と短く言葉を交わす。映画
開始早々から、カメラは走行するミウラを延々と追って
いく。物語は何も始まらぬまま、そんなシーンが続く。

ミウラを運転する男は、やがては恋敵となる。まとわり
つくように追いすがる青年に顔をしかめながらも大人と
しての対応を続ける男。何度も青年を置き去りにすべく
加速を繰り返すが、信号につかまる度に追いつかれる。

街の中心に近づき、遂に渋滞にはまり身動きが取れなく
なるミウラ。その横を、車の間をすり抜けるようにして
追いついた青年が、軽口を叩きながら追い越して行く。
あとに取り残される、身動きの取れないミウラを尻目に
清流を泳ぐ若鮎の様に、ヒラヒラと自動車の間を自由に
泳ぐかの如く遠ざかっていくモペット。

物語は何も始まってはいない。でもこのオープニングの
ミウラを追い続けた数分間が全てを物語っている。ただ
それを成立させるためには、息を呑むほどに美しい車が
不可欠だったと考えるのは、ミウラに対するえこひいき
満々の私のエゴでしょうか。スーパーカーとモペットも
それぞれの身分を示しているような気がしますしね。

この後も、このミウラはたびたび登場し、強烈な印象を
残すのですが、中でも面白いと感じるのは、街中を走行
するシーンの多さでしょう。同じ「乗用車」というカテ
ゴリーにもかかわらず、他の車の中でミウラ一台だけが
まるで異次元から来たように見えるのも、普通に周りに
比較できる車があるから。

ドリフトというより、パワースライドの様にケツを振る
カットがあった気がするのですが、この車が横滑りする
と言う事の意味を考えると、結構ギリギリだったかも。

主人公と恋敵のドライビングスタイルも対照的で、車に
対する接し方をも比喩的に利用した演出だったと思える
のも、やはり私のえこひいきのせいかもしれませんね。
恋敵の男のギアチェンジが乱暴に見えたっけ。

そういえば最近、市村正親氏と篠原涼子氏が離婚したと
聞いた時に、ぼんやりとこの映画の事を思い出した事を
覚えています。あまりいい例えじゃないですが。

もう一本の事を書こうかと思ったのですが、長くなって
しまったのでタイトルだけ。それは『ミニミニ大作戦』
です。リメイクではなく、勿論オリジナルの方ですよ。
こちらは簡単にレンタルできると思いますので、内容は
省略します。リメイク版は、車が大きくなってしまった
せいで、もはや『ミニミニ大作戦』という邦題は、全く
当てはまらなくなっちゃった気がするなぁ。

ここで最後にえこひいきをもう一度。『ミニミニ~』で
只々ワインディングロードを駆ける自動車の映像だけで
5分近くあるオープニングを引っ張れるのも、ミウラの
魅力があったればこそ。どちらの映画も、素直に美しい
姿に魅せられてのキャスティングだったと信じていたい
のですけれど。ただそれぞれ「自己主張」と「皮肉屋」
のお国柄なのでねぇ。イタリア人の仕事に対して素直に
感動したかどうかは謎ですけどネ。

公開年からもわかる通り、このミウラもリアルタイムで
発売されて間もない「P400S」ではなく、初期型の
黒縁「P400」です。一番生産台数が多かったタイプ
だといっても、低予算の映画ではスクラップにできる程
安くはなかった筈なので、あのシーンはきっとワケアリ
ですね。エンジンも載ってないし。

という事で、素直な私はルメイさんの「絶対押すなよ」
的なアドバイスに従い、さっそく本屋さんに行くことに
しました。なんせもう「若いもん」でもないですしね。
「思い立ったが吉日」「鉄は熱いうちに打て」なので、
今から行ってきます。という事で今回はここまで。それ
ではバイバイキ~ン。



[872] 魅惑の「個人教授」の黄色のミウラ モペットのリトルホンダ

投稿者: 名無しのシューター 投稿日:2021年 8月30日(月)22時06分31秒 pw126158076195.33.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

最近は、適価なエブロ製の1/43モデルも買って無いですが 完成まで20万円以上のダイキャストモデルは、うーん 買えないし 置き場所に正直困るな。
軽自動車のレース K4グランプリに出れるビート用外装キットなら面白そう。

スーパーカーブームは、もう中学生で 一連のスーパーカーは、正直カッコだけで純粋なレーシングカーと比べて エンジン MTの搭載位置は、透視図 プラモデルから少し無理が有る?バランスが悪い?と生意気にも感じてました。
エンジンが大きく 腰高で重過ぎ。

まだスポーツカー =レーシングカーだった良き時代で ホンダも第1期F1の頃で ポルシェ フェラーリ(当時の雑誌は、フェラリー表記)のル・マンカーなどの耐久レーシングカーに対して フォーミュラカーは、タイヤ剥き出し カトンボのようでカッコ悪く 空力悪そうと思っていたら フルカウルのグラチャンレースが始まったり。

フジスピードウェイで まだ30度バンクがあった時
駐車場で ナンバーを付けた 酒井レーシングのディトナコブラが普通に居たり(  ピート ブロック カミナリだぜ。)
プライベーターで日本初のF1チームオーナーの妙チクリンな形の屋根の縦目ベンツクーペなど
バンクのあった上には、モトクロスコースがあり まだまだ若手だった星野さんが ハコスカのテストをしていて 手を振ったら ふり返してくれたり...

当時のランボルギーニは、とにかく勢いがあり ホンダと技術者の交流があり ホンダの一連の市販MR車、最初のF1カーも横置きですね。
レース車は、縦置きに直してましたが。
近所のレーシングガレージでやっていた。

私の好みは、フェラーリ250GTOを10日で作ったと言われるジュヨット ビッザリーニ。
青年将校の反乱により フェラーリを追われ
初期ランボルギーニから 独立の 生粋のエンジニア 。
最近では、カワサキのバイク エンジンヘッドの4バルブ化なども ありがとう!

当たり前だが、車 飛行機は、設計者の背景 哲学が分かった方がより面白い。

ハリーマンディ 、林 義正、スカンクワークス 。


確か Cピラーカットで悪評な ハコスカは、京商製で アシェットが御都合主義で改悪したのは
有名ですが ミウラも やはり京商かなあ。
うーん わからないが 京商製なら フォルムがきれいですから。

黄色は、誘惑の色とされていて 黄色のクーペは、当時 洒落者が乗る車とされていたと思う。

大量のミニカー 未組のプラモデル 洋書のレース本
実車のアルミホイール パーツ等 ホントどうしようか?






[871] ああたそんなもんに手を出したら

投稿者: 赤だったら買ってたんかい@ルメイ 投稿日:2021年 8月30日(月)04時01分14秒 p467071-ipngn13001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

この手の付録付き雑誌ちゅうか模型付き雑誌ちゅーか
(正確には雑誌付き模型なんじゃろな)

いや、この手の雑誌が出現当時は驚喜したもんだが、
今や我らにとっては鬼門の雑誌になりつつある。
デアゴスティーニ、アシェット、潰れてまったがデルプラドなんぞ悪魔の手先である。
こいつらのおかげでいくら散財したのかわかりゃしない。
https://deagostini.jp/series.php
https://deagostini.jp/partwork.php
https://www.hachette-collections.jp/collections.html

特にこやつらのシリーズで一番手を出していけないのは
模型パーツ付きマガジンである。
戦車、戦艦、戦闘機、潜水艦、宇宙戦艦 あの手この手と誘惑してくる。
こやつらはネズミ講である アムウエイである。
一端手を出したらもう・・・。
(まあ初回本のみは買っても大丈夫だろうとたかをくくってたら
 「サンダーバード秘密基地」なんぞは危うく罠に・・・)

まあ幸い私は鋼のような自制心が効いて、
解説本ほしさに気がついたら全巻コンプリートしていた
「コンバット!DVDコレクション」と
熱を出して気を失ってた間に全巻買っていた
「世界の軍艦コレクション」
だけですんだのだが・・・。

てなわけで悪い事は言わん。
あれは麻薬じゃ。
若いもんは手を出してはあかん。
ムーミンやスヌーピーシリーズまで手を出して
廃人になりかけたこのわしが言うのだから間違いない。
およしなされ。

以上「大空の要塞B17を作ろう」が出たら
死んでまうだろうルメイでした。




[870] 燃える男の赤いトラクター

投稿者: ゲルマン 投稿日:2021年 8月29日(日)23時38分48秒 softbank126209046032.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

最近気になっていたTVのCMがあって、何かというと
アシェットの『ランボルギーニミウラをつくる』という
ヤツね。スーパーカーブームの洗礼を受けた少年ならば
ほとんど知らない奴はいないっていうくらいの名車中の
名車。私の最も好きな自動車なんだよネ。

V12を横置きでミッドマウントしちゃうなんて、ヤバ
すぎて、正にその名に恥じない猛牛そのものだよねって
思う。暴れだしたら手が付けられんよ、きっと。なのに
なんであんなに美しい曲線でできてんの?ギャップ萌え
ってこのこと?

でもって普通にネットをうろついていたら、目に入った
のがアシェットのバナー広告「3分間で定期購読の手続
完了」とある。確かにこの手のモノって、定期購読でも
しないと、大抵途中で投げ出しちゃうからなぁなーんて
考えつつ何気なくサイトを覗いてみる。

創刊号はDVDまで付いていてバカ安の税込299円。
しかもモデルアップしたのは、最終型「P400SV」
ではなく、まつ毛付きのタイプの完成型「P400S」
ってのがヤバイんだなぁ。思わず申し込んじゃおうかな
なんて想いが、一瞬よぎりますなぁ。

ここで思い留まらせたのがボディーカラー。イエローと
いうのが、私の好みじゃない。確か元中日ドラゴンズの
山本昌さんが所有してたのがP400SVの黄色だった
記憶もあるしなぁ。しかもあっちは、ミニカーじゃなく
本物だからねぇ、敵いませんワ。

ところでコレ、何号まで出すのかなぁって思って調べて
みたら100号を予定とある。299円×100なんて
単純計算しちゃダメよん。よく読んでみると2号3号は
1999円、4号からは2249円と書いてある。まぁ
そういうコト。あっぶねー、黄色で良かったよ。

確かに今では、フルレストア済みの実車だったりしたら
オークションで3億円以上とも言われてるけど、本当に
大変なのは買った後なんだな。クライブ・カッスラーの
ダーク・ピットみたいに、お金と整備技術の両方がある
ならば、楽しくってしょうがないだろうけど、お金だけ
って人には、レクサスをオススメするけどね。

「新車はいいよなぁ」って御意見、私ゃ否定したりしま
せんよ。旧車に乗るのって大変だもん。しかしある意味
新車に乗るより贅沢なのも事実だけどね。だから、自称
「映画評論家」のボンボンが、カッコイイだけで旧車を
大金で購入して、すぐに売っ払ったって聞いても、まぁ
そうだよね。映画の知識と同じ位に、何も知らなかった
だけだもんねって笑っちゃった。(いかんいかん、また
口から毒が。)

そうやって考えるとコレ、実車よりもはるかに安いのに
オーナー気分が味わえて、意外とお買い得なのかもね。
「これでアナタもグレース・ケリーだ」なんてネ。さて
ところで、このミニカーはどのメーカーが設計してるの
かなぁ。やっぱ「京商」なのかな?知ってる人がいたら
教えて下さい、マジで。

やっぱり私はボディカラーが気に入らないので、今回は
定期購読は泣く泣く断念したいと思います。私に変わり
誰か、100週間でミウラ作りに挑戦して欲しいなぁ。
もしボディカラーがレッドだったら、本当にヤバかった
かもねぇ、クワバラ、クワバラ。やっぱ、トラクターと
いえば赤じゃないとね。

それにしてもホント「ミウラ」は、「乗るクルマ」じゃ
なくって「観るクルマ」だなぁって思う。アレに乗って
スーパーに買い物なんて、いやー、私にはムリ、ムリ。
という事で今回はここまで。そんじゃバイバイキーン。


レンタル掲示板
861件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.