teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/1241 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 三夜沢赤城神社

 投稿者:チェリー  投稿日:2019年 3月23日(土)02時43分46秒
  通報 返信・引用
  > No.1321[元記事へ]

MURYさん、ありがとうございます!

群馬県教育委員会の埋蔵文化財マップ「マッピングぐんま」を開くことができました。
櫃石・西大室丸山遺跡とも、径100mくらいの範囲で表示されていました。
それぞれの中心あたりを直線でつなぐと、産泰神社の社殿の奥から40mくらい東を通りました。石山からだともっと近いことになります。レイラインの可能性は十分あると思います!

ラインを「方位線」・「太陽の運行線」・「それ以外の直線(レイライン)」にそれぞれ分けて考えることに大賛成です!「太陽の運行線」・「それ以外の直線(レイライン)」は直感的に理解しやすいのですが、「方位線」はとんでもなく奥が深くて、頭がおかしくなってしまうような事例に遭遇することがありますので、注意が必要です…

三重県鈴鹿市の「入道ヶ岳」の写真を載せますね!頂上の鳥居からの写真なのですが、奥の宮は、その背後に覗く山を意識して建てられているように思います。この山が、鈴鹿山脈第二の高峰「雨乞岳」なのです!この場合は方位の角度はありません。

鳥居の右側は、鎌ヶ岳と、その奥に御在所岳です。雨乞岳も、御在所岳も、その西は京都御所になります。この方位のラインが御在所岳の名前の由来候補にならないかなぁ…と秘かに思っているのですが…


 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1241 《前のページ | 次のページ》
/1241