teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ハートモンド さん

 投稿者:sm  投稿日:2012年11月22日(木)17時58分33秒
返信・引用 編集済
  ようこそ、いらっしゃいませ。

貴重な体験談を有難うございます。
ご苦労なさいましたね。
でも、もうすぐ、一年だとか、大変な時期を乗り越えることになりますが、
どうか、笑顔で一年を迎えてください。


 >入院から数日後、広場でタバコを吸っていたら、外来できていた方なんとなく話をしていましたところ、その方は2年断酒をしているとのことでした。何が一番衝撃だったかというと、その方は年齢が私と近く、その上断酒も2年と、非常にリアルに感じたことです。アルコール依存症でこんなに年が近い日回近い人が断酒をがんばっている、それがすごくリアルに感じた私は、私もこの方のように頑張れば断酒できるのではないかと思ったのです。病院内の患者さんや例会で断酒会からきてくださるかたのなかにはそんなに若い人を見たことがなかったので、断酒は不可能ではないんだと、思ったのです。それからちょくちょくその人とは断酒についていろいろと討論するようになりました。日に日に断酒の決意がみなぎっていったのです。


良い人と巡り会えて、良かったですね。

昭和45年に断酒会を設立して、当時若かった会員さんも歳を取られて、
例会に参加するのが大変になっているようです。私も、今は頑張っていますが、いずれはそうなるんだろうなぁ・・・トホホホでゴザリマスル。(笑)
私と一緒に入院した人は28歳で、お母さまはわたしのふたつ年上の方でした。
彼、断酒して結婚、頑張っています。


幻聴・幻覚・焦燥感・欝、不眠等と聞くと
飲んだくれていた時、最後のころのことが思いだされます。
ハートモンドさんのお話を伺って、また、初心に戻ることが出来ました。
有難うございます。

ホトトギス会員の参加する院内例会に参加したことがあるんですね。

病院に行けば、初心に戻れるのですが、情けないことに、入院中の患者さん(お仲間)の話に、
何故か落ち込んでしまいそうになることがあり、このところは参加していません。
ハートモンドさんが入院中にお会いしているのかどうかは分かりませんが、
断酒会員で女性が参加していたとしたらそれはわたしです。
昨年の事は覚えていませんが、今年は6月に参加したきりで参加していません。

私は「断酒する(気づき)が、少し遅かった」と先生(担当医)に言ったことがありましたが、
断酒を始めるのに年齢はないと先生に言っていただき、きちんと気持ちを切り替えました。
そうは言うものの、お若いうちにやめる方が良いということは決まっています。

病院でお会いした若い人とはその後、会っているのかなぁ、
今後もずっと、そのかたの力もいただきながら継続して行かれることを願っています。


どうも、有難うございました。
またいらしてください。
 
 

(無題)

 投稿者:ハートモンド  投稿日:2012年11月21日(水)13時09分2秒
返信・引用
  はじめまして

 あと一ヶ月で断酒してから1年経とうとしています。現在30歳女性です。

 私は毎晩酒を飲むようになったのは大体10年前、学生時代の時した。初めは寮の友達とたまに飲みにいったりするくらいで、実家から通学するようになってから一人でも飲むようになりました。
 4年生の大学に進学しましたが、2・3年の際に動物福祉の問題に興味を抱いた私は学校で学ぶこと≠(ノットイコール)学費のかかりようを思い、中退を決意しましたが、両親の反対にあい、毎回酒を飲んでから授業に臨み何とか単位を落とさず、いやいや卒業することにしました。それからは徐々にお酒の量も次第に増え、風邪薬との併用もしていました。
 もともと漫画家になりたかったために、就職活動はしなかったので(大学を卒業してくれれば何をしてもいいと衝両親も公認済み)大学卒業後もアルバイトやハ派遣スタッフとして工場や勤務や警備員、食品店のパートスタッフなど職場を転々としていました。その際も風邪薬やアルコール摂取はかかせませんでした。漫画家をあきらめた私は定職につこうとしましたが、スリピッツジンのボトル(ALC.50%)を空けてから履歴書を書いている時点で採用される訳はありませんでした。  警備員を務めていたときもトイレでお酒を体に入れてから勤務に戻ったりしていました。ペットボトルに酎ハイをいれてごまかして飲んでいたりしました。今考えるとなんてことしていたんだと、恥ずかしく思います。きっと気づいていた人もいたんだと思います。当時は誰にもばれていないなんて思っていましたが、断酒をはじめてからは酒のにおいに敏感になったのでわかります。
職場の駐車場に車を止めて、出勤前に酎ハイを飲みすぎて、顔が真っ赤になってしまったため、職場のまん前で、電話で仮病を装い欠勤の連絡をいれるなど阿呆なこともしました。

 そういう20代を過ごし、ついに飲んでも飲んでも酔いが回らなかったり幻聴・幻覚・焦燥感・欝、不眠が続き、アルコール外来のある病院に入院することになりました。1度目の入院では退院してまもなくまたお酒を飲み始めました。そしてまた約一年後、家族のありがたい意思でもう一度入院することになりました。当時の血液内のγーGTP値は1600代にまで上がっていました。金銭面で私の家は厳しく、入院して断酒して最後の望みをかけるか、このままお酒を飲み続けて肝臓を壊し死ぬか、どちらかの選択を迫られ、私は大好きな酒をやめて入院することを選びました。

 入院中さまざまなアルコールのプログラムを受け、退院後の心構えを基礎づけていました。病院内の例会、AA、久里浜式・・・などです。毎週来てくださるホトトギス会の会員さんに先人の知恵もいただきました。そして私は今は病院にいるし、お酒には手が届くようなことは状態ではなかったので(一度病院界隈を散歩していたときにコンビニの酎ハイを買ってしまおうかと思ったことがありましたが、克服し、帰院できました。あの時やめていてよかった!)心配はありませんでしたが、勝負は退院した後だと、わかっていました。入院中はたくさんの看護士さんにあらゆる面でお世話になり。守っていただいていたからです。

入院から数日後、広場でタバコを吸っていたら、外来できていた方なんとなく話をしていましたところ、その方は2年断酒をしているとのことでした。何が一番衝撃だったかというと、その方は年齢が私と近く、その上断酒も2年と、非常にリアルに感じたことです。アルコール依存症でこんなに年が近い日回近い人が断酒をがんばっている、それがすごくリアルに感じた私は、私もこの方のように頑張れば断酒できるのではないかと思ったのです。病院内の患者さんや例会で断酒会からきてくださるかたのなかにはそんなに若い人を見たことがなかったので、断酒は不可能ではないんだと、思ったのです。それからちょくちょくその人とは断酒についていろいろと討論するようになりました。日に日に断酒の決意がみなぎっていったのです。

私の断酒はその方の影響が大いにあります。大変感謝しています。何度か一人で断酒も試みましたが、結局はお酒と縁を切ることはできませんでした。仲間と一緒に断酒していくことは、ほんとうに励みになるので、その方とお会いできて本当によかったです。もし会わずに退院していたら、今日までのように断酒が続けられていたのかどうかは、今の私にはちょっとわかりません。

 ただ長い間断酒を続けていたとしてもこの病気は治らないし、酒を一滴飲めば元のもくあみ、苦労の水の泡だと自覚しています。しかし、今の気持ちは、断酒を一生涯続けていく心情であります。ここで補足させていただきますと、断酒は、楽しいものでもあると思います。一日一日、酒を飲まないでいるだけで充実感が生まれるのです。

稚拙な文章、お読みいただきありがとうございました。
 

与えられた命と時間。

 投稿者:mitsouko  投稿日:2012年11月15日(木)22時17分17秒
返信・引用
  天から与えられた時間だけは、
人は生きることになっているのでしょうか・・・・・

お話しを拝見して、しみじみと考えさせられることでした。


sm様、ほんとうに想像を絶する苦しい時を、のり越えていらしたのですね。
身元のわかるものを何も持たずに、列車に乗っていらした時のお心を思うと、
とてもたまらない気持ちになりました。

わたしも、心底からやめたいと死ぬほど願っていても飲んでしまう自分への失望をくり返し、
長く苦しみましたけれど、もともとが、小さな盃一杯で真っ赤になって寝てしまう 弱い体質でした。
かなり強くはなりましたけれど、経験は小ぢんまりとして地味なものです。
すぐに歩けなくなりますから、家の中でしか泥酔することはできませんでした。
バカですね*・・・・・どうしてあんなにのんでいたのか?・・・・・


sm様、生きていらして、ほんとうによかったですね*
おかげ様で、今こうして対話をして いただけますことを、私はとても幸せに思います。
あらたな支えと、元気をいただきました。

ソフトボールなんて・・・難しそうなスポーツをたのしんでいらしたのですね!
とても運動神経の優れたかたなのですね・・・・・・・
それだからこそ、5台も車にぶつかりながらも市内を走り続けることができたのですね。
フツウなら、1台ぶつかったところで、止まってしまうことでしょう・・・・

よくぞご無事で・・・・・(汗・・・・*)
わたしは、とてもトロくさい人で、運転免許もありません。スポーツもダメです。


フラグハンマー●●ハーブハーブハーブ

グラウンド・ゴルフ、わかりますよ*
夏の早朝のお散歩で、川辺の草地に皆さんがあつまっていらしたのに出会ったことがあります。
カラフルな大きな固い球を、コツン・・・と空に響くいい音で打つのですよね*
皆さんとても、たのしそうでした。


sm様、わたしは広島に住んでいます。
昨日は、中国山地の吾妻山(1239メートル)で、初冠雪だったそうです。
今朝の中国新聞に、真っ白な雪景色の写真が載っていました。
雪はきれいですね・・・・・・・・・・・*
 

sm様、ありがとうございました*

 投稿者:mitsouko  投稿日:2012年11月13日(火)18時31分47秒
返信・引用 編集済
  ミカンハーブ

とても とても、うれしく拝見いたしました*
皆さんとても、真面目そうな方ばかりなので、実は緊張しておりましたのです。
(そのわりには、好きなことを書いていますが・・・・・)

5台の車にぶつかりながら市内を走り続けていらした時のこと・・・・・・・・・
よく命があったですね・・・・・・・

奇跡のようです。

豪快というか、涙のでそうな・・・・・・
その当時のお酒のことや、心のありかたのことなど、
想像すると泣けてしまいますね。
それでも、“命がある”ということに、なにか不思議なものを感じます。
亡くなるかたは、たった1回の事故でも命をなくしてゆくのですよね。

手や脚は、大丈夫なのでしょうか?運動会にいらっしゃるくらいですから、
だいじょうぶなのでしょうね???・・・・・・・・・?
(景品の洗剤は、たすかりますね*まいにち必要です*)

わたしは、5年前に新聞の案内をみて、自助会にほんの少し通いました。当時はやめられず、
集会の帰り、バスを降りたところにある、夜10時までのスーパーでお酒を買って帰り、
毎日キッチリのんでいたわけです。会場の人に、
「今日も酒買うて帰るん?・・・・・」と、聞かれたりしていました。

わたしは、お酒はやめられないと思っていました。節度のある飲酒を目指していました。
お酒なしで、生きてゆけるわけがない、“お酒がないと死ぬ”と思っていたんです。

結局さいごは、3%の薄い発泡酒もカラダが受けつけなくなって、(噴水のように吐いてしまう)
徹底的にもうダメだ・・・と打ちのめされた気分で、自覚いたしました。
やっと3年アルコールを断って、少し落ちついて物事を考えられるようになってきました。
(ホントウにギリギリやっとです) 家事も以前よりはできるようになってきました。
やはり、死ぬのは怖かったのだと思います。

いまでも、日々お酒を欲しがっている自分との闘いです。
寒くなってきましたので、日本酒が恋しいです・・・・・・・うう・・・・・・

sm様、どうぞあたたかくして、お身体たいせつになさって下さい*
そして、これからも、ますますお元気でご活躍下さいます様にお祈りいたします。
時々、“ダンシュ”の支えとして、おじゃまさせて下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。


オリオンビール、わたしも飲んだことがないのですよ・・・・・・・・
こんなことなら、もっといろんなお酒をのんでおくのでした!! (クヤシイです*・・)
 

Orion オリオンビール*・・・・・・

 投稿者:mitsouko  投稿日:2012年11月12日(月)16時30分54秒
返信・引用
  バラショートケーキイチゴ花束ハーブ

はじめまして。おじゃまをいたします。

アルコールをやめて、3年を過ぎました、主婦です。(自信を持って言えませんが)
オリオンビールというのが、あったな・・・・と、調べてみたら、
沖縄のビールでした。・・・・みみ見ちゃいました*

すこし、動悸がしました。 ドキドキ・・・・・・

TVも、コマーシャルがコワくて、ほとんど見ません。
これから、年末にかけて、ますます世の中は華やかに盛り上がってゆき・・・・・
クリスマスのイルミネーションや、シクラメンの花や、ポインセチアの鉢に金色のリボンが
結ばれたものなどが・・・・・・なんというか・・・・・・・・・・・

おもしろくない気持ちにさせるのです。(シラケたキモチ)

あーあ*・・・・・・・って感じです。


運動会の、主婦の喜びそうな景品って、石鹸とかタオルなどでしょうか?
楽しそうですね・・・・・お酒のない忘年会もいいですね*
飲酒運転の多くの人は、アルコール依存症の人かもしれませんね・・・・
私自身は、運転をしませんが、以前はお酒を飲んだ人の車にも、平気で乗っていました。
その頃はなにも疑問に感じませんでした。ノンキでした。

くだらないことばかり・・・・おじゃまをいたしました*
 

断酒宣言の日

 投稿者:sm  投稿日:2012年11月12日(月)11時53分57秒
返信・引用 編集済
  11月10日の土曜日、

宇都宮市内の中心部「オリオン通り」で、

飲酒運転撲滅キャンペーンのチラシ配りをしました。


【オリオンスクエア】(最下段写真左側が会場)

では催し物が行われていて、とても賑やかでしたが、

会場の方からの通行人が来なかったので、少し残念だったように思いました。

飲酒運転のチラシとともに、ティッシュも添えて!



 

全国大会

 投稿者:sm  投稿日:2012年11月 3日(土)22時21分33秒
返信・引用
  ご参加された、会員、家族の皆様、大変ご苦労様でした。

小林さんの体験発表は、とても素晴らしかったと、本日例会でお聞きしました。

残念ですが今年は参加出来ませんでしたが、来年の沖縄には参加しようと思っています。

なんて、来年のことを言っては・・・・・ねぇ。(*^_^*)
 

運動会

 投稿者:ワンのママ  投稿日:2012年10月15日(月)19時41分23秒
返信・引用
  こんにちは。

昨日は大変お世話になりました。

朝のうちは肌寒い感じでしたが、晴天に恵まれ運動会日和でしたね。

家庭の主婦が喜ぶような景品が盛りだくさんでしたので、
私も景品欲しさに2回も走ってしまいました。

少子化のせいもあってか
例年よりもお子さんの姿が少なくて、
来年はもっとたくさんの方が
家族連れで参加されるといいのになぁと思いました。
 

酒なし忘年会

 投稿者:sm  投稿日:2012年10月10日(水)15時15分4秒
返信・引用
  運動会が終わると、すぐに忘年会です。

案内の通り、今年も、那須の乃木温泉ホテルで行うことになりました。

ご馳走は昨年と同じく盛り沢山ですが、

昨年の反省点を踏まえて、卓盛り方式とし、ゆっくりいただけるようにしたとのことです。


また、今年は、矢板支部のご厚意により多大なご寄付をいただき、

特別出演などもあり、豪勢な忘年会になることでしょう。

楽しみに参加してください。

 

家族ぐるみ大運動会

 投稿者:sm  投稿日:2012年10月10日(水)15時04分59秒
返信・引用
  運動会は今度の日曜日です。

今年度は、各ブロック対抗ではなく、紅白に分かれて行うことになりました。

どのような結果になるか楽しみですね。

 

レンタル掲示板
/41