teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:20/1175 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

御矢石

 投稿者:辰まる  投稿日:2016年12月10日(土)13時43分53秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。辰まるです。
今回は熊本県阿蘇郡高森町にある“御矢石”を紹介させて
ください。

御矢石は町道の三叉路の角にあり、写真のような佇まいです。
石の長径は2mほどで、表面はゴツゴツしています。

標柱の案内には、
“史跡 御矢石
高森阿蘇神社北方にあり、阿蘇神話によると阿蘇大明神宮居を
定めんと矢を放たれ、その矢があたった大石に矢尻の跡があり、
雨降っても水たまらずと伝えられている。この地を御矢村といい
高森阿蘇神社を一名、矢村社という。”
とあります。

石の姿はときどき見かける“雨乞石”のようでもあり、
矢があたる(?)前から何か祭祀の対象であったように思えますが
いかがでしょうか?

近くの高森阿蘇神社は明治以降の社名で、その前は矢村社と
いったそうです。約400年前に現在地に奉遷され、その前は
後方の宮山山中にあったとのこと。で、結局宮居跡はどこなのか
わかりませんが、元々あった産土神、山神が健磐龍命に
乗っ取られたということなのでしょうね。

最後の写真はその高森阿蘇神社前の様子で、手前の鳥居の神額には
“乾門”とあります。正門は写真右側の石垣の切込み部分で、
古い石の神額には“矢村神社”と彫ってあります。

他にも阿蘇地域には健磐龍命が矢で射抜いたとか足跡つけた
などの岩伝説がありますが、命には岩を大切に扱って
もらいたいものです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:20/1175 《前のページ | 次のページ》
/1175