teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場広州市場(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2016台湾職棒観戦

 投稿者:くまざわ  投稿日:2016年 8月29日(月)20時37分39秒 host1.asahi-t.co.jp
  今年も8月24日~8月28日間で台湾旅行へ行き、24日の台南棒球場で行われた統一獅VS義大戦と27日に新荘棒球場で行われた中信兄弟VS義大戦の2試合を観戦致しました。
24日の試合は統一が潘威倫、義大が44番の外国人投手が先発、両投手序盤1点ずつ取られましたが、素晴らしいピッチングを披露しました。特に統一の潘威倫は打者の的を絞らせない投球を見せ、略完全に相手を手玉に取っていた。試合の方は両チームの投手が変わった終盤に動きがありましたが最終的に4-3で統一が勝利を収めました。この試合統一が勝利致しましたが、ハッキリ言って義大の自滅でベンチワークに問題があった様に思います。7回だったと思うが、1-1が続いていた場面、義大の44番の投手は前半の力投も有り疲れからか明らかにコントロールされていないボールが続いた。ベンチはフォアボールで満塁になった所で、68番?の左投手にスイッチしたが結局押し出しのフォアボールで流れを悪くし3塁手のエラーが出て2点取られました。あの場面1・2塁の所が替え時で、コーチがマウンドまで行ったにも関わらず続投させた。満塁で交代したが交代させるなら1・2塁の場面であったと思います。(交代したピッチャーはフォアボールこそ出したが、キレのあるボールを投げており打たれてはいないが2点取られた形となった。非常に残なイニングとなった。)試合は8回に義大の”バットコントロールの天才”林益全の2ランホームランで3-3に追いついたが、その裏統一の7番打者背番号28の選手がバックスクリーンへ特大のソロアーチ放ち4-3と突き離しゲームを決めました。
次に27日の中信兄弟VS義大の試合ですが、個人的に忘れられない試合となりました。試合開始17:00頃に棒球場に着きチケットを購入しようとした所、何と内野席チケットが完売しており初めて外野席で観戦する事となりました。中信兄弟は今年から昨年までLamigoに在籍していた林智勝が加入し、更に人気がアップした様で外野席から観た内野席はまさに蟻の入る隙間も無い位しっかり埋まっており、いつもは目立つチアガールも全くどこにいるか分からない位でありました。試合の方は林智勝のホームラン等、義大に完全に打ち勝ち中信兄弟が9-4で勝利を収めました。
(林智勝は今シーズン28本目の全塁打、La New Lamigo時代から彼のホームランを生で観たのは4本目)義大もヒットこそ重ねましたが、中信兄弟の3塁手のファインプレー等もありランナーを貯めてからのタイムリーが出ず敗戦となりました。また中信兄弟応援の後押しも凄く、義大にとっては多少不運な試合であった様に思いました。応援団の”ジョンシーションデイー”(”中信兄弟”)の声援がまだ耳から離れない位強烈な応援であった。
両試合を良く観て思った事は、投手のピッチングの組み立てがあまりにもパターン化されている点が気になった。台湾の打者は初球から思い切り振って来る傾向が強いため投手はストレートで入る場合はコースを突こうとするためボールになる、カウントが悪くなった所をストレートで押し痛打される(このパターンが一番多い)、このパターンが余りにも多い様に感じた。キレ・スピードのあるストレートを持っていながらも結局狙い打ちされている場面が多かった事が気になりました。(林智勝や林益全はこの投球パターンをしっかり見切れている様に思える。)逆に統一の潘威倫は配球が実に上手く(捕手の高志鋼のリードも光っているが)、ピッチングフォームも直球・変化球共全く変わらず相手の”効果的なコース”へ頭を使ったピッチングが出来ている事は流石でした。(全く持って味わいのあるピッチング、彼の投げるボールは少々甘いボールを投げても失投になり難い。)両試合共負けた義大は左腕の素晴らしいストレートを持っている投手を複数抱えており、もう少し配球と変化球の使い方を覚えれば素晴らしい投球が出来るポテンシャルを持っているのに残念でした。義大は打つ方でも先述した林益全・胡金龍・背番号1のセンターの選手等凄い選手が多く、(リトルイデホの高国輝は試合に出ていないのが気になったが・・・)ちゃんとしたコーチング(特に投手に対しての)をすればもっと強いはずなのに残念な感を持ちました。
最後に、最初の統一獅VS義大の試合に戻りますが、試合中の統一獅の応援団とユニガールズ(チアガール)の試合中の観客に対する対応ですが、応援団長の達平さんは忙しい中(ダーピンさんと読むのか?)試合中バックネットで観戦していた小さな子供の靴が脱げ飛んでしまったらすぐ気付き拾ってあげたり、チアの女の子は自分の応援が始まるギリギりまで小さな子供とボール遊びをし、応援が開始する時は暑い中ダッシュで1塁側の持ち場へ戻りダンスをする。目前の事に一生懸命でホスピタリティーの高い台湾人らしい一面を観た思いと、顧客に対する細やかな配慮が行き届き、観ている者を非常に良い気分にさせてくれる素晴らしい球団だと思いました。(他球団も素晴らしいと思いますが)今回も楽しい棒球観戦が出来ました感謝いたします。台湾職棒加油!!
 
 

つっちーさんへ

 投稿者:Bun  投稿日:2016年 6月12日(日)21時15分31秒 softbank060122020070.bbtec.net
  予定よりもかなりハードな移動になりましたね。
花蓮から新荘、、、移動だけでかなり時間かかったのではないでしょうか?
長期間の観戦お疲れ様です!
そして、応援ありがとうございます ^^
これに懲りずに、余裕のある日程でぜひ応援を!!
 

疲れた~

 投稿者:つっちー  投稿日:2016年 6月 5日(日)15時55分52秒 s580091.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
  結局、24日の桃園、25日の立徳、新竹。
26日の屏東、桃園。
27日は花蓮が雨予報だったので新荘。
28日にダブルヘッダーになった花蓮のデーゲーム、新荘。
29日の新荘の9試合で締めくくりました。
花蓮~新荘の移動は普通にやらないですよねぇw
花蓮に行くなら高雄の方が楽ですね!
試合も7回まで見てタクシーに飛び乗り普悠馬にて台北に、後はMRTで新荘。
次回はこんな事はしません!

 

張泰山選手

 投稿者:V5・伊藤明日香  投稿日:2016年 6月 4日(土)18時27分22秒 210-175-240-130.cust.bit-drive.ne.jp
   四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスに入団したのですね。
 2月位の日本のスポーツ誌に「台湾3大レジェンドのそれぞれの道」みたいな特集が組まれていて、
 林智勝選手→Lamigoから兄弟へFA移籍
 陳金峰選手→今シーズン限りでの現役引退を発表
 とともに掲載されていて、「台湾での移籍をめざしたが叶わず。日本の独立リーグが獲得を示唆?
 とあって、もし行くのならば荘勝雄さんがコーチを務めるBCリーグの福井ミラクルエレファンツかと思っていたのですが。
 徳島の監督を務める中島輝士さんが、かつて統一でコーチ、監督を務めていたので誘ったのでしょうかね?
 

つっちーさん

 投稿者:Bun  投稿日:2016年 5月21日(土)08時18分32秒 softbank060122020070.bbtec.net
  かなりハードな日程ですが、
ぜひ楽しんでくださいね!!
ご報告もお待ちしております ^o^
 

今年も行くぞ~

 投稿者:つっちー  投稿日:2016年 5月17日(火)19時02分51秒 s667093.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
  24日から台湾に行きます!
24日は桃園、25日は高雄の立徳棒球場からの新竹。
26日は屏東棒球場からの桃園棒球場。
27日は高雄 立徳棒球場からの新荘。
28日は屏東からの花蓮
29日は少しのんびり新荘。
かなりハードな野球観戦ツアーを組んでみました(笑)
昨年は6日間5試合の予定でしたが雨で4試合中止でした。
今年は、何試合見れるのでしょうか(笑)
 

徳島へ張泰山選手を観に行きました

 投稿者:すがさん  投稿日:2016年 5月 9日(月)20時10分30秒 ZT033198.ppp.dion.ne.jp
  4月30日、JAバンク徳島球場の徳島インディゴソックスと高知ファイティングドッグスのゲームを観ました。張泰山は打席で袖をまくるルーティンや大きな空振り(笑)は健在。スタンドの子供達に手を振ったりファンサービスも熱心でした。スタンドで観たブルズ時代の強烈な印象があるんで豪快なホームランを期待してましたが、5打席1安打、変化球に三振という打席もあって残念でした。とにかく頑張ってほしいです。
レプリカユニは売ってませんでしたが、球団が制作した泰山の初安打記念Tシャツを販売してました。
四国アイランドリーグは初めて観戦しましたが、地方球場に組織的じゃない個性的な応援、長机での食べ物やグッズ販売、とちょっと前の台湾プロ野球と雰囲気が似てて楽しかったです。
 

陳金鋒選手

 投稿者:V5・伊藤明日香  投稿日:2016年 3月 9日(水)22時59分46秒 33.193.104.175.ap.yournet.ne.jp
   6日に京セラドーム大阪での日本戦を観戦してきました。
 結果は残念でしたが、試合終了後に、何と陳金鋒選手の代表引退セレモニーが! 内容は
・日本チームを代表して稲葉篤紀コーチ、台湾チームを代表して林智勝選手による花束の贈呈
・台湾チーム選手、スタッフ全員による胴上げ(あの屈強な体を軽々と上げてました!)
・日本チーム、台湾チーム各選手、スタッフ1人1人と握手
(放送では、台湾選手初のメジャーリーガー、今シーズン限りで現役を引退、と経緯を説明)
といったものでしたが、感動的なセレモニーでした。
 ナゴヤドームの試合はチケットが取れずにテレビ観戦となりましたが、その中継の中で「最後の代表ということで、何か特別な準備をしましたか?」との質問に「日本との試合はいつも接戦になる。そのことに向けて準備をしている」と回答していましたが、そのリスペクトの精神が、異国の地でも引退セレモニーをやってくれるゆえんでしょうか。
 Lamigoの背番号52は、今後誰もつけることはないでしょうが、いつか教練として後身を育ててもらいたいですが。
 話は変わりますが、試合終了後、台湾チームの選手、スタッフがマウンドに集まって輪を作り、それから外側を向いて360度の向きに一礼するの、あれ、いいですね!
 別競技ですと、アイスホッケーの日光アイスバックスが試合で買った後に同じように一礼しますが、中華職棒でも、試合終了後必ず応援団に一礼しますし、感謝の気持ちを忘れない国民性がそうさせるのでしょうか。
 

2016シーズン

 投稿者:つっちー  投稿日:2016年 1月19日(火)02時46分22秒 FL1-125-197-199-195.tky.mesh.ad.jp
  日本では報道されない事が多い台湾への移籍ですが...
今年は日本人プレイヤーが台湾に行くのでしょうか?
数年前は高津、正田など有名どころがいましたが...
 

日本との交流試合

 投稿者:JUN  投稿日:2015年11月21日(土)21時50分30秒 om126229034079.12.openmobile.ne.jp
  ニュースでありました。リンク貼っておきます。

http://mjapan.cna.com.tw/#/news/aart/201511210006.aspx

 

レンタル掲示板
/81